帯の色が変わっていく喜び🥋(2019.10.20)

みんなが楽しみに待っていた帯が届きました。
聖武館空手道は「武士道空手」シンプルインザベスト、白の空手着に黄色と黒のツートンカラーの聖武館マークです。
その出で立ちに守礼堂の鮮やかな帯が良く映えます。

”心技体”自分を見直して新な色帯を身に付ける喜びはかくべつ。また同じ色帯でも黒テープが入ると一回級上がるのだが
それがまた嬉しい事の1つにもなっている。

黒帯取るまでは~目標を見つけた人は幸せもの🎋大人も子供も🎋目標がある人生は素敵だと思う。善保先生の志と聖武館空手を守り伝えていく喜びと誇るものが付いてくるのは何故か?

それは善保先生の人間性の魅力です。空手の真髄をぶれずにご苦労されて進んで来られた善保先生だからこその輝きなんだと思う。これまで大切に継続されてきた技や礼節も含め大きな魅力だ!聖武館マークは善保先生そのもので大切な御守りのように私は思っています。
継続は力なり🧶沖縄総本部の教えそのままに福岡支部は誇り高く審査をして今年も沢山の進級帯を渡す事が出来ました。
皆さんよく頑張ってくれました🎂おめでとうございます🎈

 

#昇級審査
#帯
#空手着
#少林流聖武館

前の記事

昇級審査(2019.10.9)