武道で繋がった幼なじみ(2020.01.25)

1月18 日(土曜)午後の稽古にお客様がおいでになりました。

東京渋谷の亜細亜空手協会糸東流師範【神田洋一郎先生】
福岡市内の少林寺拳法道場【三方正行先生】
〈このお二人は門下生の松田さんと春日北小学校の同級生で幼なじみの現在67歳になった今も武道を通じて固い絆で結ばれています〉と語っておられました。

この日、午前の稽古に熊本県から中学生の岩田君が来ていました。
その時、松田さんからの電話連絡が入りました。
「仲の良い友達を連れて来ます」お客様は神田先生、三方先生でとも穏やかなお人柄とお見受け致しました。
【”子供の頃に親から道場に行かせられ、柔道から空手、拳法に繋がって行き武道に縁があった”事などをお話されていました。
“振り返れば今の武道心があるのも…親に感謝します”とお話されていました】
午後には中学の部活を終えて来た森君、小井手君、岩田君との稽古になりました。
この子達も武道の絆を大切に成長していきます様に願っております🤲

🥋目先のことより 将来のため つよくなれよと親心🥋聖武館福岡支部